レトロでアナログな古本屋

福岡 レコード 雑誌 古本 買取

080-5057-1342

【雪山坊】(せつざんぼう)店主【山名】(やまな)の携帯まで、「何がどのくらいの量か」お電話下さい。丁寧に、素早く応対します。
受付時間は【午前9時〜午後6時】です。(年中無休)




古書籍商組合会員の専門店

古本、雑誌、レコード、ポスターの買取はおまかせ下さい。
他所で断られたモノや、非売品もお問合せを。
マニアックな蒐集品、大量買取も歓迎します。




出張買取をおすすめします



すぐ分かる 買取Q&A




最新情報






2018年4月18日
都合により、4月19日の買取はお休みさせていただきます。


2018年4月10日
都合により、4月13日の買取はお休みさせていただきます。


2018年3月21日
都合により、3月23日の買取はお休みさせていただきます。


昭和レトロにこだわって 査定 買取ります


平成をむかえる頃から、
世の中に商品があふれ、流行りが世の中を席巻して、
モノの寿命は短くなりました。
安くて簡単に手に入るようになると、モノは消費されてしまいます。
昭和レトロは、そうなる前の、モノが、
輝きと存在感を持っていた、時代の遺産です。

ぜひ、当店に査定、買取りさせて下さい。
詳しくは【買取のご案内】から。


単価を上げるむずかしさ

売上は、単価×個数と単純なもの。
で、商品の何割が売れていくか。
さらに、仕入れがどれだけ可能なのか。
全部が、バランスの上に成り立っとるから、
どこかだけイジるってのは、出来ない相談。
でも、自分の強みだと思う品揃えで、商売を続けるには、
やはり、単価は高いほうがいい。
だからといって、ただ上げるだけでは、お客さんが納得しない。
なので…結局は、啖呵売みたいたことに。

18/4/07

わが道を行く…

古本屋の「肝」は商品化する力。
「作品性」「希少性」「需要」のバランスを測って、
「商品性」を見極め、どこで店主の「個性」を発揮するか…。
これは秘密でも何でもない、昔からの鉄則。
なんだけど、結局は、みんな、わが道を行く…ですね。

18/03/24

この春からの展開

同業が、残念ながら閉店されたので、
申し訳ないとは思いつつ、棚から本を抜かせてもらいました。
オレのものとはレベルが違う商品が、軽バンに軽く1台分。
この先、考えている売り方の変更が可能になりそうです。

18/03/03


inserted by FC2 system